こぶしをきかせる歌い方|みんなで楽しむ|フットサルの大会へ出場する前に知っておくこと
男性たち

みんなで楽しむ|フットサルの大会へ出場する前に知っておくこと

こぶしをきかせる歌い方

女性

母音の発音の仕方が大事

日本から世界に広がった人気商品はたくさんありますが、カラオケもその1つです。仲間や家族と好きな歌を唄う喜びはカラオケの最大の魅力です。どうせ唄うのなら上手に唄いたいものですが、日本人ならまず演歌です。演歌を上手に唄うコツはこぶしを効かせることです。こぶしというのは節回しのことですが、演歌には独特の節回しがあります。普段から発音に気をつけることでうまくこぶしを効かせることができるようになります。こぶしで大事なのは母音をつなげることです。例えば「ワ」と伸ばす場合に「ラあああ」というように「あ」の音を一緒に伸ばすように声を出すのです。この「あ」の部分に力を入れるようにすると、こぶしが効きます。またお腹に力をいれて発音すると、演歌を上手に唄えるようになります。

日本人の心の故郷の音楽

世界のどの国にも民族音楽というものがあります。その国の人々の生活に根ざした音楽です。日本では民謡です。民謡から派生して生まれたのが演歌です。ですから演歌には日本人に心の故郷を呼び起こす魅力があり、今でも多くの人が唄い続けているのです。演歌には日本人に共通の感情を表現する力があります。同じ曲を聴くだけで哀愁を感じますし、思わず口ずさんでしまうのです。それを楽しむ場所として生まれたのがカラオケです。自分の好きな歌をマイクで唄うということは楽しいだけでなく、健康的な趣味ともいえます。精神的にもリラックスになることができます。歌が得意な人と苦手な人がいますが、上手とか下手という前に人前で声を出すということが大事です。その喜びを知れば、自然と歌を上手に唄えるようになります。